大阪でプリント一筋!Tシャツプリント作成

 

●ジャケット・ブルゾンが得意! ●高品質で豊富なプリント技術! ●信頼の40年の経験と実績!

スタッフブログ

プリント技法紹介[4]ハーフラバープリント

halfrubberprint

こんにちは!毎週月曜更新のプリンターズブログです!
今回は良いとこ取り?!な「ハーフラバープリント」を紹介致します!

ハーフラバープリントとは

ハーフラバープリントとはその名の通り、ラバーインクと染み込みインクを
半分ずつ入れて混ぜ合わせてしまった、ラバープリントと染み込みプリントの間を行く
良いとこ取りなハイブリットなプリントです!

ハーフラバープリントのメリット

名称未設定-1

濃色生地でも感じる風合いの良さ

ラバープリント、染み込みプリントそれぞれの特徴を今までプリント技法紹介で
紹介させて頂いており、濃色生地で風合いの良さを求めるのは難しいと散々言ってきましたが!
こちらのハーフラバープリント、なんと、、濃色生地でも風合いが良いのです!
ラバープリントの存在感は半分残しつつ、染み込みプリントの風合いも半分残しているのです。
まさしく良いとこ取りのハイブリットなプリント方法なのです!
通常の染み込みプリントだと濃い生地にプリントした場合色が沈んでしまいますが、
半分ラバーにすることで、濃い生地にも対応できます。
また、ラバープリントほどのインクの厚みがないのでごわごわ感が少ないのもポイントです。

ハーフラバープリントのデメリット

それぞれの特徴が出てしまう

ハーフラバープリントは黒Tシャツに白でハーフラバープリントをしても
染み込みが半分効いているのでがっつりインクが乗らず、グレーでプリントしたような感じになります。
逆に白Tシャツに黒でプリントするとラバーが半分効いているので若干のインクの乗りが感じられる風合いになります。
イメージとしては古着っぽい雰囲気になります。

最後に

今回は良いとこ取りなハーフラバープリントを紹介致しました。
前回紹介した抜染プリントは良いとこ取りの手の出しにくい難しいプリント。
今回紹介させて頂いたハーフラバープリントは良いとこ取りの手の出しやすいプリント。
ですがはっきりしたプリントがお好みの方は通常のラバープリント、
風合い重視の方は染み込みプリントや抜染プリント、
古着のようなこなれたプリントをご希望の方は今回のハーフラバープリント、
と用途やご希望に沿ってプリント方法を選ばれたらと思います。

今回で4回目のプリント技法ですが基本的なプリントの違いは紹介出来たかなと思いますので
次回からはもっともっと個性的なプリント技法を紹介して行こうと思います!
次回も是非宜しくお願い致します!有難うございました!^^

日付:2016年04月11日 カテゴリー:新着情報, プリント技法, PRINTERSブログ

商品紹介[2]5.0オンスレギュラーフィットTシャツ

こんにちは!プリンターズです!
今回は商品紹介2![5.0オンスレギュラーフィットTシャツ]について紹介します!

5.0オンスレギュラーフィットTシャツ

5.0オンスレギュラーフィットTシャツ 5401-01,5401-02,5401-03

タイトすぎず、ルーズすぎない絶妙な「サイズ感」と「フィット感」を両立を実現。
身体にしっくりと馴染み、ボディラインを美しく見せてくれるのが最大のポイント。
そのスタイリッシュさが人気の秘訣と言えます。

引用:United Athle SS2016

レギュラーフィットTシャツはシルエットにこだわる方向けのTシャツです。
ハイクオリティーTシャツが正統派モデルだとすると
レギュラーフィットTシャツは時代の流行を取り入れたトレンドモデルと言えます。

POINT-1 5.0オンスの生み出す最適なフィット感

5.0オンスレギュラーフィットTシャツ 5401-01,5401-02,5401-03

ライトな感触と着心地が特徴の5.0オンス生地。
薄手でも透けにくいので1枚できれいに着こなすことができます。
また、身体へのフィット感も秀逸なので、動きやすく、着ていて楽なのもポイントです。
色違いで何枚も欲しくなるTシャツです。

引用:United Athle SS2016

ハイクオリティーTシャツと比べると少し細身で首周りが適度に開いていて
首のゴムも細くTシャツの丈と袖も少し短くしてあります。

POINT-2 伸びにくい首リブでいつまでもスタイリッシュ

5401 リブをほどいた状態-イエロー

首リブに「高弾力糸」を部分的に編みこむことで耐久性の向上を図りました。
そうすることで、長く着用していても伸びにくく、崩れにくいネックを実現しています。

引用:United Athle SS2016

POINT-3 スマートな首リブの縫製

5401 襟リブ裏縫いレッド

首リブの取り付けには、耐久性を上げるため通常は用いない袖付け用ミシンを使用して2本糸で縫製していますが、表からはステッチが見えないスマートなつくりになっています。
引用:United Athle SS2016

POINT-4 2回のオーバーロックでお洒落なフォルムが長持ちします

5401 ステッチUP-2

裁断した生地の端にオーバーロックをかけることで、何度洗濯しても型崩れしない丈夫な品質に仕上げました。洗濯回数が多いTシャツだからこそ、こだわったクオリティーです。
引用:United Athle SS2016

最後に

いかがでしたでしょうか?
レギュラーフィットTシャツの良さをうまく伝えられていたらいいなと思います。

  • 5.0オンスレギュラーフィットTシャツ 5401-01,5401-02,5401-03

    5.0オンスレギュラーフィットTシャツ 5401-01,5401-02,5401-03

    無地価格 630円~

様々なTシャツがあり選ぶのもすごく難しいと思いますが皆様が自分にピッタリな1枚に出会えるように
精一杯紹介していきたいと思います!
ここまで目を通して頂いて有難うございました!

日付:2016年04月04日 カテゴリー:新着情報, 商品紹介, PRINTERSブログ

プリント技法紹介[3]抜染プリント

抜染プリントについて

こんにちは!プリント技法について紹介するプリント技法紹介!
今回は難しいプリント「抜染プリント」を紹介致します!

抜染プリントとは

抜染プリントとは染められている生地に抜染剤をプリントしプリントした部分の生地の色を脱色するプリント方法です。
前回と前々回、染み込みプリントは濃色にプリントをしても映えないので濃色生地の場合はラバープリントがオススメですと紹介させて頂きました。その通りなのですが濃色生地にプリントする方法は他にもあるのです!

抜染プリントのメリット

抜染プリント

風合いの良さ

濃色生地に風合いは無理と前回と前々回で紹介させて頂きましたがこの抜染プリントなんと風合いを保てるのです!
濃色生地に染み込みプリントをすると、元の生地色にインクの色が負けて発色が悪くなり、映えない。
濃色生地にもインクがみえるようにプリントするために、通常はラバープリントをする。
ただラバープリントの場合、生地の表面にインクがのってしまうので染み込みプリントのようなインクが染み込んだ風合いのよいプリントにはなりません。とお伝えしておりました。が!
濃色にプリントしたい!でも風合いは残したい!というお客様にはこの抜染プリントがオススメです!
元の生地色を脱色するので、生地の風合いを損なわない、柔らかな仕上がりになります。
(※色が抜けるといっても完全な白になるわけではありません。)

抜染プリントのデメリット

生地によって風合いが変わる

抜染プリントは生地によって大きく左右されます。
生地との相性などで色の発色がよかったりよくなかったりします。
同じTシャツでも濃かったり薄かったり様々に変化(ブレ)します。
仕上がりの色が統一されないので予めご了承ください。

最後に

今回は濃色で風合いの良さを出せる抜染プリントを紹介致しました。
ラバープリントと染み込みプリントのそれぞれの特徴を一つに盛り込んだ何とも贅沢なプリントです。
二つの良いとこ取りをしているのでもちろんプリント代もUPしてしまいますが
独特の風合いは他のプリントでは味わえません。

個性的なオリジナルTシャツの作成をお考えのお客様には大変参考になると思います!
次回も宜しくお願い致します!有難うございました!^^

日付:2016年03月14日 カテゴリー:新着情報, プリント技法, PRINTERSブログ

商品紹介[1]5.6オンスハイクオリティーTシャツ

こんにちは!毎週更新していますPRINTERSブログ!
今回は初めての商品紹介に挑戦したいと思います^^
今後も少しずつですが紹介していけたらと思っています★
今回は[5.6オンスハイクオリティーTシャツ]について紹介します!
最後までお付き合い宜しくお願い致します!

5.6オンスハイクオリティーTシャツ

5.6オンスハイクオリティーTシャツ 5001-01,5001-02

ヘビーウェイトの代表的な生地、5.6オンス。
アウトフィットとして1枚で着用できる絶妙な生地厚で、
「よれない」「透けない」「長持ちする」というしっかりした着心地が自慢です。
着心地や素材感にこだわった上質なTシャツを探している人のための1枚です。

引用:United Athle AW2015

ハイクオリティーTシャツはプリンターズでも一番人気のTシャツです。
生地の厚さもちょうどいいですし、縫製もキレイで高品質なTシャツです。

POINT-1 ダブルステッチはハイグレードの証

5001_首リブ

丈夫で伸びにくい、タフな襟元をつくりだすダブルステッチ。
生産工程での「ひと手間」を惜しまず、
お手ごろ価格でも手抜きのない品質を実現しました。

引用:United Athle AW2015

オリジナルTシャツで定番として活躍するTシャツの中でダブルステッチのTシャツはあまりありません。
首元のよれやすさや着心地の悪さを解決してくれる理想のTシャツですね!

POINT-2 品質と価格を両立「セミコーマ糸」

5001_セミコーマ糸

上等なコーマ糸と一般的なカード糸の中間にあたるセミコーマ糸を使用。
柔らかな肌触りと上質感を保ちながら、低価格を可能にした商品です。

引用:United Athle AW2015

一般的なカード糸はざっくりとしたラフさがあり、上等なコーマ糸には光沢やツヤがあります。
その間のセミコーマ糸はカード糸のラフさとコーマ糸の光沢を半分ずつ持つ糸です。

POINT-3 ビッグサイズXXXLが全色展開

XXXLサイズはサイズがビックなことから一部のカラー展開という
商品が多いのですがハイクオリティーTシャツは全色展開しています。
大きなサイズをお求めの方でも、豊富なカラーでファッションをお楽しみいただけます。

最後に

いかがでしたでしょうか?
ハイクオリティーTシャツの良さをうまく伝えられていたらいいなと思います。

  • 5.6オンスハイクオリティーTシャツ 5001-01,5001-02,5001-03

    5.6オンスハイクオリティーTシャツ 5001-01,5001-02,5001-03

    無地価格 540円~

他にも素敵なTシャツやアイテムはたくさんあるので隙を見つけて紹介していきます!
オリジナルTシャツ作成の参考になればと思います^^
有難うございました!

日付:2016年03月07日 カテゴリー:新着情報, 商品紹介, PRINTERSブログ

おすすめプリント技法の紹介

プリンターズの豊富なプリント方法

今まで、一番基本的なプリント方法をご紹介させていただきましたが、
ちょっと変わったプリント方法をご紹介しますね!

夜に光る蓄光プリント

こちらプリンターズでプリントして干しているとことです。

DSC_0674

夜になり電気を消すと・・・・

DSC_0673

蓄光プリント部分が発光しています!幻想的!

こちらは蓄光材という粉末をインクにといてプリントします。
日中は光を蓄え、電気を消して、2~3時間ほど発光します。
普段、時計や非常口などに使用されています。

008ダウンロード

夜のイベントなどで一風変わったプリントをしたいなんて方にお勧めです!

こんなプリントいかがでしょうか?^^

日付:2016年02月29日 カテゴリー:プリント技法, その他

PAGE TOP 

COPYRIGHT © PRINTERS by MIYAPRINT ALL RIGHTS RESERVED.