大阪Tシャツプリント作成

 

●ジャケット・ブルゾンが得意! ●高品質で豊富なプリント技術! ●信頼の40年の経験と実績!

豆知識ブログ

オリジナルTシャツを作成する方へ|納品までの流れを紹介します。

「オリジナルTシャツ作成の流れが知りたい」

「オリジナルTシャツを注文するとどのような流れで手元に届くのだろうか」

そのようにお考えの方はいませんか?

依頼してからいつまでにTシャツが手元に届くか気になる方も多いでしょう。

そこで今回は、オリジナルTシャツを作成する方に向けて、納品までの流れをご紹介します。

 

 

□納品までの流れについて

 

①商品を選ぶ

 

カラーやシャツの生地などが決まっていない場合、業者のwebサイトを見てみましょう。

商品一覧や、品質、シーンや目的に合わせた窓口が用意されています。

どの商品が良いか相談したい場合は直接問い合わせると良いでしょう。

 

②見積もり

 

商品を選び、サイズや色、枚数など必要な条件を決めます。

Tシャツのボディが決まっている場合は各商品ページに見積もりフォームが用意されています。

また概算でしたら無料見積もりを行えるサイトもあるため、利用すると良いでしょう。

ただしあくまでも概算なので、正確な見積もりを出したい場合は業者に問い合わせることが必要です。

問い合わせフォームや電話、商品一覧から見積もりができます。

見積もりが出るまでには1~2営業日ほどかかります。

 

③デザイン

 

見積もりがわかると次はデザインの納期です。

サイト上でデザインを作成できるエディタを用意している業者もいますが、自作のデザインを入稿する業者のほうが多いです。

自作のデザインを入稿する場合はどのような形式のファイルで入稿可能かを確認しておきましょう。

対応していない場合、作成不可能になってしまうか、別途変換代がかかる場合があります。

業者にデザインを送ると、仕上がりイメージが2~4営業日以内に返ってきます。

これを確認し、修正を繰り返して確定させます。

この作業は通常1~5営業日ほどかかります。

 

➃プリント

 

見積もり金額と完成したデザインに納得したら、プリントが開始されます。

プリントの前にデザインの版を作成しますが、この作業は通常で1営業日かかりません。

その後、実際にTシャツを作成しますが、こちらは4営業日ほどです。

プリントの種類や枚数によって納期が変わるため、急ぐ場合は問い合わせましょう。

特殊なプリント加工をする場合は大幅に納期が変わるため注意してください。

 

*総合した納期

 

工程にかかる日数すべてを合計すると2週間ほどです。

これにさらに業者からTシャツが発送される時間を含むため、納品までの期間は2週間から20日間を見ておくと良いでしょう。

また、振り込み後に商品を発送する業者の場合、代金の振り込みが遅れるとそれだけ発送も遅れてしまうため注意してください。

 

*納期を短くする方法

 

流れを理解しておくと納期を短縮できます。

前もって見積もり限度額やボディが決まっているとその分、お問い合わせにかかる時間が減ります。

お問い合わせをしたときに「決まっていないのでまた後日問い合わせます」となると、それだけ納期が延びます。

 

*注意点

 

納期は枚数やプリントの種類の有無によって変わるため、希望の納期がある場合は業者に具体的に伝えておきましょう。

首周りを一周するものなど特殊なプリントの場合は納期が延びる場合があります。

また、サイトに納期の目安を記載しているところも多いですが、到着日ではなく出荷日の目安ですから注意してください。

北海道や東北など工場から遠い場所や東京や長崎の離島の場合、到着日数が発送日より2~3日かかるため、納期には余裕をもたせることをおすすめします。

 

□まとめ

 

今回はオリジナルTシャツの納品までの流れをご紹介しました。

あくまでも一例ですので、実際の納品までにかかる期間は各印刷業者にお問い合わせください。

当社では自社直営工場を併設しているため、お客様のご希望に沿ったデザインから製造・納品をサポートできます。

他のプリント業者では対応していない首周りを一周するなどの特殊プリントに対応しております。ワンランク上のTシャツを作成されたい方はプリンターズにお任せください。

日付:2019年08月19日 カテゴリー:

オリジナルTシャツを100枚以上作成する方へ|納期と相場を紹介します

「大量のオリジナルプリントTシャツが必要になった」

「プリントTシャツを100枚以上作るときの納期や相場が知りたい」

そのようにお考えの方はいませんか?

イベントや会社専用のオリジナルプリントTシャツを

大量に作成する場合、納期が長くなるのではないかと気になる方もいらっしゃるのでしょう。

また、どのくらいの金額になるかわからないため、予算感があわないのではないかと不安に思うかもしれません。

そこで今回は、オリジナルのプリントTシャツを100枚以上作る方に向けて、納期や価格相場をご紹介します。

 

 

□どのようなショップを選ぶのが有効か

 

オリジナルプリントTシャツの作成を考えた際に検索すると様々なサイトや情報が出てくると思います。

オリジナルプリントTシャツを作成する際には、大量作成に向いたショップもあれば、小ロットの作成が得意なショップもあります。

大量作成には工場併設型ショップが有効です。

ポイントは、

・自社工場のため現場との連携が早い

・しっかりした納期管理

・大量生産も柔軟に

です。

 

□プリントTシャツを大量作成する際の相場について

 

*インクジェットプリントの場合

 

フルカラーを一気にプリントするため、色数が多いデザインに適します。しかし、注文数が増えると料金が割増されていくため大量注文にはあまり向いていません。

 

*シルクスクリーンの場合

 

色数やプリント箇所が増えるとそれだけプリント時の作業が増えるため、料金が高額になります。

しかし、一度型を作れば何度でも使えるため、枚数が増えれば増えるほど安くなります。

そのため少ない数よりは大量注文に向いています。

シルクスクリーンを選ぶ際は30枚以上の注文だと価格を抑えられますよ。

色数やプリント箇所が増えると割高になってしまうため注意しましょう。

また、型は消耗品のため使用には限度があります。

 

*ボディによって価格が変動する

 

プリントするボディによっても値段が変わります。

日本製などの品質の良いボディを選ぶとどうしても価格が高くなります。

また、生地の厚みでも値段が変動します。

コストを抑えたい場合は薄い生地のものを選ぶと良いですよ。

 

*大量印刷だと割引してくれる業者が多い

 

オリジナルTシャツを作成する際、大量に注文すると1枚当たりの価格が比較的安くなります。

そのため、オリジナルTシャツを作成する際は大量注文がおすすめです。

 

*価格の相場

 

100枚以上のシルクスクリーンプリント、1箇所のみの場合だと1枚当たり1000円以内でオリジナルTシャツを作成できます。

大量発注や早割などの割引を利用した場合、これよりも低価格で作れる場合があります。

しかし、プリントの種類や特殊な加工の有無などのオプション費用は業者によって違うため、一概に価格の相場を決めることは難しいです。

そのため、自分が注文する業者に問い合わせることをおすすめします。

 

 

□まとめ

 

今回はオリジナルTシャツを100枚以上作成する方に向けて納期や価格相場を紹介しました。

ポイントは大量注文するとそれだけ納期がかかること、シルクスクリーンでプリントすると比較的低価格になるということです。

大量注文だとコストは抑えられますが、材料や作業が必要になってくるため、納期は業者と相談する必要があります。

しかし1枚で注文を行うよりも安い場合はほとんどですので、イベントで大量にTシャツを注文したいという方や

会社専用のTシャツを作りたいという方は大量注文をおすすめします。

当社では自社直営工場を併設しているため、お客様のご希望に沿ったデザインから製造・納品をサポートできます。

お客様のご予算や納期などニーズに合ったオリジナルTシャツを作成させて頂いておりますので是非お気軽にご相談ください。

日付:2019年08月15日 カテゴリー:

大阪でTシャツプリントを作成する方へ|コンサートにおすすめデザイン

「クラシックコンサートのスタッフ用Tシャツを作成したい」

「クラシックコンサートのスタッフ用Tシャツはどのようなデザインが良いだろう?」

そのようにお考えの方はいませんか?

規模の大きいコンサートイベントの場合、たくさんのスタッフが必要ですが共通のユニフォームがないとお客さんと見分けがつかなくなる可能性があります。

また、クラシックコンサートに来るお客さんはバンドやアイドルのコンサートより比較的年齢層が高いため、どのようなデザインで作成すると良いか悩んでしまうかもしれませんね。

そこで今回は、クラシックコンサートなどの落ち着いた場面におすすめのオリジナルTシャツのデザインをご紹介します。

 

□クラシックコンサートの服装について

 

*スタッフTシャツはユニフォームとして大丈夫?

 

クラシックコンサートというと、敷居が高く正装で行かなくてはだめ、というイメージをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

しかし、そのように格式ばっていなくても大丈夫です。

クラシックコンサートには普段着のTシャツやジーンズを着て行っても良いため、スタッフがオリジナルのTシャツを身に付けていても問題ありません。

むしろクラシックコンサートで敬遠されるのは騒音ですから、衣擦れが鳴るスタッフジャンパーなどは好ましくないでしょう。

 

 

□オリジナルTシャツのデザイン例について

 

クラシックコンサートにおすすめのデザイン例をポイントで紹介します。

 

*Tシャツ本体は黒やネイビーがおすすめ

 

①クラシックコンサートの場合、ボディは大人っぽく仕上がる黒やネイビー、茶色が良いです。

②ラベンダーカラーなどの落ち着いた色合いもシックな雰囲気が出て素敵ですよ。

③Tシャツの生地は厚みがあって、しっかりした物の方が高級感があるため、薄すぎる生地は選ばないようにしましょう。

 

生地の厚さがわからない場合は業者にお問い合わせすると良いですよ。

 

*プリントのカラーは白や金を

 

①モノクロのプリントにするとクラシックコンサートらしい、落ち着いたTシャツに仕上がります。

②指し色に金を入れてもゴージャスになって素敵ですし、黒地に金のプリントも重厚な感じになります。

③ラメや箔プリントにするのも豪華で人目を引くかもしれませんね。

 

ボディの色とプリントカラーはたくさんの組み合わせがあるため、デザインシミュレーターなどを使っていろいろ試してみることをおすすめします。

 

*デザインは楽器をモチーフに

 

クラシックコンサートらしさを出すなら、デザインにもこだわりたいですね。

 

①バイオリンなど、コンサートに使用されている楽器や音符をモチーフにするとコンサートらしく仕上がります。

②指揮者のシルエットを大きく配置するとコンサート用の雰囲気が出ます。

③字体によりイメージも変わります。コンサートの雰囲気により字体を変えるのも一つの方法です。

④「STAFF」のロゴや、コンサート会場名、日時を入れることで、スタッフTシャツならではのプレミアム感も出ます。

⑤指揮者や奏者を代表する人がいる場合、その人たちの名前を入れるとコンサート感を出せますよ。

 

*避けたいデザイン

 

同じコンサートと言っても、アイドルのコンサートとクラシックのコンサートには求められる雰囲気が違います。

そのためアイドルやバンドのコンサート、ライブのような、一人のメンバー名が大きく入ったデザインは避けたほうが良いでしょう。

 

 

□まとめ

 

今回はクラシックコンサートに使用するスタッフTシャツのデザイン例をご紹介しました。

ポイントは

①モノトーンでまとめる

②指し色に金を入れるなどプリント技法によりゴージャスになる

③字体でコンサートの雰囲気を出して仕上げる

ことです。

落ち着いた色合いを選ぶことで、コンサート会場になじむようなTシャツにできますよ。

この記事を参考に、クラシックコンサートの雰囲気を大事にしたTシャツに仕上げてみてくださいね。

当社では自社直営工場を併設しているため、お客様のご希望に沿ったデザインから製造・納品をサポートできます。

お客様のご予算や納期などニーズに合ったオリジナルTシャツを作成させて頂いておりますので是非お気軽にご相談ください。

日付:2019年08月11日 カテゴリー:

写真入りプリントTの作り方を紹介します。

写真
「プリントTシャツを作成したい」

「プリントTシャツに写真を入れて作る方法が知りたい」

「写真を選ぶ際のポイントが知りたいな」

そのようにお考えの方はいませんか?

プリントTシャツは、上手に作るととてもおしゃれなものができます。

そのため、写真選びのポイントが気になる方も多いでしょう。

写真入りTシャツは自作には限界があるため、業者に頼むほうがキレイに仕上がります。

そこで今回は、プリントTシャツを作成したい方へ、プリントTシャツの作り方と写真選びのポイントをご紹介します。

 

 

□プリントTシャツの作り方について

 

*印刷方法は二通り

 

写真入りプリントTシャツを依頼する際に重要になってくるのが、写真をTシャツに印刷する方法です。

業者に写真入りTシャツを依頼する際、主な印刷方法としてインクジェットプリントとシルクスクリーンプリントの二種類があります。

インクジェットプリントで写真入りプリントTシャツを作成するメリットとしては

・フルカラー

・見た目がキレイに仕上がる

・小ロット対応してくれる業者が多い

・洗濯に弱い

・基本コストが高く大口に向かない

ということが挙げられます。

 

シルクスクリーンプリントで写真入りプリントTシャツを作成するメリットとしては

・キレイな仕上がり

・洗濯に強い

・大口になるほどコストが下がる

・モノクロで作るとオシャレに仕上がる

・小ロットだとインクジェットよりコストが高くなる

・フルカラーは色ブレする可能性があるため注意

ということが挙げられます。

仕上がりや作成したいデザイン、作成する枚数に合わせて印刷方法を選ぶと良いでしょう。

 

 

□写真選びの注意点

 

*写真の大きさ

 

写真の画像を入稿する際、プリントの実寸サイズのデータを入稿しないと、Tシャツにプリントされた写真が綺麗に見えません。

小さい画像を無理に拡大すると画質が下がり、デザインが不鮮明になるためです。

写真入りプリントTシャツを作成する上で、どのような写真を選ぶかが非常に重要になってきます。

実際にプリントしたい大きさで綺麗に見えるか確認することで、作成後に理想的な写真入りプリントTシャツを作ることができますので、

失敗したくない方や一生の思い出にしたいという方は、保存してある写真ではなく、プリントしたい大きさの写真ではどのように見えるのかを

確認すると後悔することがない写真入りプリントTシャツを作成できるでしょう。

 

*画質

 

プリントしたい写真そのものの画質が悪いとそのまま印刷されてしまいます。

そのため、実寸サイズで100~300dpiの解像度の写真を用意しましょう。

データを作る際に解像度が低いと後から画質を上げることはできないため、一番高い300dpiの画像を用意しておくと安心です。

写真の大きさを考慮するとどうしても画像が粗くなってしまったりなど思い通りの写真入りプリントTシャツができない可能性がでてきますので、

上記方法で確認してから作成を依頼するといいかもしれません。

 

 

□まとめ

 

今回はプリントTシャツを作成する方法と写真の選び方を紹介しました。

ポイントは、プリントTシャツは業者に頼んだほうが失敗せずに済むことと、実際の印刷サイズに合わせた解像度の高い写真を用意することです。

最近のプリントTシャツはモノクロ写真を前面に大きく配置したシンプルなものが人気です。

作り手のセンスが反映されるため、素敵な写真を選びましょう。

当社では自社直営工場を併設しているため、お客様のご希望に沿ったデザインから製造・納品をサポートできます。

プリンターズではハイメッシュプリントで細かい柄にも対応しているのでキレイで洗濯に強い写真プリントをお求めの場合は是非お任せください。

日付:2019年08月07日 カテゴリー:

文字を入れたオリジナルTシャツの作り方をご紹介します!

文字
「オリジナルのライブTシャツを作りたい」

「文字入りTシャツでも思い通りに作れるのだろうか」

このようにお考えの方はいませんか?

ライブを運営する際、皆で同じユニフォームとしてスタッフTシャツを着ると一体感が出ます。

同じTシャツを着ることでスタッフ全体の団結力もアップし、スタッフのモチベーションアップにつながるでしょう。

しかし、初めてオリジナルのスタッフTシャツを作る場合、文字を入れて作ると思い通りにできるか不安な方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、大阪でオリジナルTシャツを作成したい方に向けて、文字入れの方法やメリットについてご紹介します。

 

□文字入れの方法について

 

*自作

 

業者に頼まないとできないと考えがちな文字プリントTシャツですが、オリジナルのTシャツは自作も可能です。

方法はステンシルプリントとアイロンプリントの二通りがあります。

・ステンシルプリントの場合型を作り、スプレーやインクで着色するため、最も手軽な方法です。

・型は一度作れば何度でも使用できるので複数枚を一気に作れます。ステンシル型は市販されていますが、厚紙などでも代用できるためオリジナリティを出したい場合は自作すると良いでしょう。

・アイロンプリントの場合デザインが施されたシートを熱で接着する方法です。ご自宅にアイロンがあれば簡単に作成できます。シートは100円ショップや通販で購入できます。

 

*業者に頼む

 

自作のデザインTシャツの場合、にじみやずれが出来てしまいますし、大量作成はどうしても厳しいでしょう。

また、袖や首元を一周させたデザインや特殊な加工は、自作しようとすると技術的に難しいです。

こうしたリスクを避けたいときは専門の業者に頼むことをおすすめします。

業者に頼むポイントは以下の通りです。

・プロが印刷してくれるので、品質も安定しますし、インクがかすれたり位置が曲がることもありません。

・枚数が多いほど費用を割引する業者も多いため、オリジナルTシャツを大量作成する際は、自作よりも業者に依頼したほうが金額的にも時間的にもコストが抑えられます。

・持ち込みの素材や箔押し加工など数多くの技術を持つ業者に依頼することで個性ある商品に仕上がります。

・イラストレーターやフォトショップのデータを用意すればスピーディーに仕上がります。

 

 

□文字入れのメリットについて

 

*オリジナリティが出る

 

ライブスタッフのTシャツを作成する際、ライブにちなんだ文字を入れることでオリジナリティが出ます。

無地のシンプルなTシャツも良いですが、どうしてもメッセージ性に欠けるため、ライブTシャツなどには適しません。

文字を入れることでスタッフとライブのお客さんとの区別もしやすいため、スタッフ用のTシャツには文字を入れることをおすすめします。

 

*運営の意識が高まる

 

オリジナルのTシャツを作成することで運営チームの意識が高まり、ライブの成功率も上がるでしょう。

ユニフォームのスタッフTシャツが魅力的なものだと、スタッフのモチベーションも上がります。

 

 

□まとめ

 

今回は大阪でオリジナルTシャツを作成したい方に向けて、文字入れの方法やメリットについてご紹介しました。

ポイントは

・文字の入ったオリジナルTシャツの大量作成には業者が便利なこと、文字入れのメリットはオリジナリティを出せること

・ライブにちなんだ文字をオリジナルTシャツに入れることで自分たちがライブを運営していくのだという意識も芽生えて団結力も上がること

です。

チームワークによるモチベーションはライブの運営が成功するかに影響するため、おそろいのTシャツでチームワークを高めていきましょう。

当社では自社直営工場を併設しているため、お客様のご希望に沿ったデザインから製造・納品をサポートできます。

お客様のご予算や納期などニーズに合ったオリジナルTシャツを作成させて頂いておりますので是非お気軽にご相談ください。

 

 

日付:2019年08月03日 カテゴリー:

PAGE TOP 

COPYRIGHT © PRINTERS by MIYAPRINT ALL RIGHTS RESERVED.