大阪オリジナルTシャツプリント作成

 

●オリジナルマスク作成受付中! ●高品質で豊富なプリント技術! ●信頼の40年の経験と実績!

豆知識ブログ

使い捨てマスクのインナーマスクとは?解説します!

使い捨てマスクにはインナーマスクが装着できることをご存知ですか。
そもそもインナーマスクが何かわからない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、インナーマスクについて紹介します。

□インナーマスクとは

まず、インナーマスクとは一体どのようなものなのかについて紹介します。
マスクをつけていると、内側が蒸れてしまったり、湿気でベタついてきたり、匂いが気になったりといった経験をした方はいらっしゃいませんか。
そのような使い捨てマスクのトラブルを少しでも解消できるのがインナーマスクです。

インナーマスクは、その名の通りマスクの内側に装着して使用するもので吸水性に優れているものを使うことでマスクと肌の間に溜まってしまう水分を吸い取ってくれるものです。
通常時にマスクが大量にある場合は、マスクで不快感を得たタイミングで新しいものに取り替えれば良いですがマスク不足になっている非常事態ではそうはいきませんよね。

インナーマスクはお手軽に購入できますし、自分でも簡単に作れます。
夏になってますます気温が高まっていき、暑くなるとマスクによる不快感も増していくでしょう。
マスクによるトラブルを防ぐためにもインナーマスクを試してみてください。

□インナーマスクのメリットを紹介

続いて、インナーマスクの具体的なメリットを紹介していきます。

*ウイルス対策に効果的

インナーマスクを使用すると、インナーマスク部分の湿度が高まります。
湿度が高い環境を苦手とするウイルスから体を守れるようになります。
また、花粉を防ぐ効果も高まるこが実験で証明されており、環境庁もインナーマスクの着用を推薦しています。

さらに、一日中使用するマスクを清潔に使用できるというメリットもあります。
例えば、食事に出かけた時などにマスクを落としてしまった場合にそれをそのまま使用するのではなくインナーマスクを取り替えて使用することで常に清潔な状態を保てます。

*化粧がマスクにつかない

女性で化粧が崩れたり、マスクに化粧がついてしまったりするためにマスクを嫌っている方も多いと思います。
確かに、マスクの見た目も汚くなりますし衛生面でも心配ですよね。
そこでインナーマスクを使用すると、マスクの汚れが目立たなくできますし直接肌にマスクが触れないため衛生的にも安心です。

□まとめ

これまで、インナーマスクについて解説してきました。
現在コロナウイルスの影響でマスク不足が問題となっています。
本記事で紹介したインナーマスクを装着して、マスク不足を乗り切っていきましょう。

日付:2020年07月12日 カテゴリー:

使い捨てマスクを夏に使用する際の問題を解説します!

夏の暑い時期にマスクをつけるのは嫌ですよね。
現在コロナウイルスが流行しており、人と対面する仕事の方などは特にマスクをつけざるを得ない状況だと思います。
しかし、どのようなトラブルに注意すれば良いかご存知ですか。
今回は、マスクを夏に使用する際に気をつけておくべき問題を紹介します。

□夏に生じるマスクのトラブルとは

夏にはマスクをつけていることで様々な種類のトラブルが生じる可能性があります。
どのようなことが起きるのかを把握して事前に対策してしまいましょう。

*熱中症の危険性が高まる

夏場にマスクをつけて一日中過ごした経験はありますか。
想像するだけで暑くて大変ですよね。
しかし、今年の夏はコロナウイルスが流行しマスクの着用が必須になってしまっています。
「我々は、夏場に大勢の人々がマスクをつけて過ごすという、全人類が経験したことのないような夏を迎えることになる。」と、専門家も指摘しています。

そこで一番に注意すべきが熱中症です。
人は普通、体温より低い温度の空気を吸い、体の中で温められた空気を吐き出すことで体が冷やされています。しかし、マスクをつけるとマスク部分が吐いた息によって温められ体がより熱を持ちやすくなってしまいます。
熱中症は毎年死人が出るような危険な症状なので必ず注意しましょう。

*肌荒れトラブルが生じる

長時間マスクをつけていると肌が荒れてしまう方は多いと思います。
マスクをつけているとどうしても中の湿度が高まってしまい蒸れてしまいやすい環境になります。
また、マスクと皮膚の擦れによる炎症も看過できません。
さらに、マスクを外してすぐは肌表面の水分が蒸発して逆に乾燥肌になってしまいます。

□マスクトラブルの解決方法を紹介します

上記で紹介したようなマスクトラブルを回避するための方法はどのようなものなのでしょうか。

まずは、マスクをつけていると問題が生じることを意識することです。
例えば、マスクをつけている場合は少しでも暑さや喉の渇きを感じたらこまめに水分補給をするという予防策も考えられるでしょう。
また、一日中マスクをつけた日には普段より丁寧に肌のケアをしてあげることも可能です。
トラブルが生じる可能性があることを意識しているのとそうでないのとでは、予防や対応に大きな差が出てしまいます。

加えて、マスクの種類も重要になります。
分厚い布マスクをつけるのではなく、薄く吸水性に優れたものを使用するようにしましょう。

□まとめ

これまで夏のマスクトラブルについて紹介してきました。
本記事で紹介したトラブルが起きないように気をつけて夏を乗り切っていきましょう。

日付:2020年07月09日 カテゴリー:

使い捨てマスクのマスクカバーの簡単な作り方を紹介!

使い捨てマスクのカバーは簡単に手作りできることをご存知したか。
マスクカバーには、マスクを清潔に保ったり、使い回しできるようにしたり、冷感タイプのもので蒸れを防いだりといろいろな効果があります。
そこで今回はマスクカバーの簡単な作り方を紹介します。

□縫って作るタイプのカバーを紹介します

マスクカバーには、縫って作るタイプとそうでないタイプがあります。
まずは、裁縫が得意な方におすすめの縫って作るタイプを紹介します。

用意するものは、薄手のガーゼなどの生地と裁縫セットです。
生地は厚めのものだと息苦しくなってしまう可能性があるため、薄いものを用意しましょう。
もちろんミシンを使用した方が早いですが、手縫いでも十分作れます。

はじめに布の両端を三つ折りにして縫ってください。
手で折り目をつけたり、ピンで止めたりして固定すると縫うのが簡単になります。
次にできた布を筒状にして縫代を始末してください。
これをしておくとほつれないようになります。
続いて、布状になった端の円の縁部分を一周波縫いしてください。
巾着袋のように、糸を引くと先がすぼまるようにしておくと様々なタイプのマスクに使用できます。
これだけで完成です。
意外と簡単ですよね。

□縫わないタイプのマスクについて

続いて、針や糸を使用しないタイプのマスクカバーの作り方を紹介します。
用意するものは、手拭いやハンカチ、バンダナなどの家にあるもので構いません。

まず、布を縦30センチ、横45センチほどに切断してください。
普通の手拭いなどだと布が大きいため余計な部分ができてしまいます。
次に、布を三つ折りにしてください。
その上にちょうど真ん中あたりにマスクが来るようにマスクを設置し、マスクの耳紐の部分を手拭いに通してください。
あとは、マスク幅に合うように布を折りたためば完成です。

これだと、布を切る以外は折りたたむだけなので、裁縫が苦手な男性でもできますよね。
また、大きさが小さめのハンカチなどを使えば裁断する必要すらなくなります。
一度マスクカバーを試してみたいという方は、まずは裁縫不要で作成できるこの方法を試してみてください。

自宅にある布を使用することで、マスクの白以外の見た目や柄も楽しめてマスク着用が少しでも楽しくなるのではないでしょうか。
マスクカバーは、市販の不織布マスクだけでなく布製マスクにおいても使用できます。

□まとめ

これまで、マスクカバーの作り方を紹介してきました、
本記事で紹介したことを基礎としてご自身のこだわりを取り入れつつお気に入りのマスクカバーを作成してみてください。

日付:2020年07月06日 カテゴリー:

マスクで起きる化粧崩れについて原因と対処方法を解説!

マスクをつけていると化粧が崩れてしまうのでマスクをつけたくない、とお考えの女性は多いと思います。
確かに、つけはずしをする上で化粧が崩れてしまうと治すのが面倒ですし、マスクにファンデーションなどが付着すると汚く見えて嫌ですよね。
そこで今回は、マスクで生じる化粧崩れの原因と対処方法を紹介します。

□マスクで生じやすい化粧崩れの原因とは

マスクをしたときにメイクが落ちてしまう原因は、「摩擦」と「湿気」の二つになります。
マスクを長時間つけていると、マスクと肌が擦れて化粧が落ちてしまいますし、マスク内部に水蒸気が溜まり、肌が蒸れて時間の経過とともにメイクがよれていきます。

また、これから夏にかけては暑いのでマスクをしていると余計に汗をかいてしまいそれによって化粧が落ちることもあるでしょう。
加えて、エアコンがかかっている部屋など空気が乾燥していると肌の皮脂分泌が多くなるためメイクが浮きやすくなってしまいます。

□化粧崩れの対策を紹介

上記のような原因で生じる化粧崩れはどのようにすれば防げるのでしょうか。

*朝のスキンケアを入念に行う

化粧崩れを起こさないようにするためには、まず保湿を徹底することです。
自分の肌にあった化粧水を使用して、肌に手が吸い付くくらいまでしっとりとさせましょう。

また、化粧の下地を丁寧に行うことも重要です。
朝は時間がないからと雑になってしまいがちですが、顔全体にムラなく下地を塗ることをいつもより心がけておきましょう。

加えて、朝のメイクの仕上げにフィニッシングミストと呼ばれるコスメを使用してみてください。
これは、まさにマスクなどによる日中の化粧崩れを防ぐために開発された商品で、肌とメイクの密着度を高めてくれる優れものです。

*マスク選びに気をつける

また、マスク選びも重要です。
着用したときに、自分の顔のサイズにあったマスクをつけることでズレが少なくなり化粧崩れを防げます。
最近では、大人用でも女性用と男性用などマスクのサイズに様々な種類があるので、自分の顔にあったマスクを選ぶと良いでしょう。

さらに、肌が乾燥しにくいタイプのマスクを選ぶことも重要です。
使い捨てマスクだけでなく、布マスクでも肌の乾燥を防ぐ効果のあるマスクが販売されています。

□まとめ

本記事では、マスクによる化粧崩れの原因と対策を紹介してきました。
コロナウイルスの流行で、マスクを着用する機会が増えているかと思います。
化粧崩れで困っている方はぜひ今回紹介したような対策を試してみてください。

日付:2020年07月03日 カテゴリー:

不織布マスクの毛羽立ちについて原因と対処法を解説します!

不織布マスクをつけていて、マスクが毛羽立って気になる経験をしたことはありませんか。
すぐに外せる状況ならばマスクを取れば良いですが、コロナウイルスの影響でどうしてもつけておかなければならない方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、不織布マスクの毛羽立ちの原因と対処方法を解説します。

□不織布マスクで起きる毛羽立ちの原因とは

不織布マスクの原因は一言で表すと繊維によるものです。
家庭用のマスクにはガーゼタイプと不織布タイプの2種類があります。
不織布マスクとは、織られていないマスクのことで繊維や糸を複雑に絡み合わせた薄いシート状の布を利用したマスクです。
ガーゼタイプと比較しても複雑な繊維構造のシートを複数枚重ね合わせて作られているので通気性を保ちつつも外からの粒子を弾ける優れものです。

しかし、繊維で作られているからこそ一日中つけていると毛羽立ってしまうことがあるので注意しましょう。
また、マスク不足によってマスクを洗って再利用している方も多いと思いますが、洗い方が雑になるとすぐに毛羽立ってしまいます。

□マスクの毛羽立ちの対処方法とは

続いて、どのようにしてマスクの毛羽立ちに対処すべきかについて紹介します。

*マスク選びが重要です

毛羽立ちが気になる方はまずマスク選びを慎重に行うようにしてください。
毛羽立ちは不織布マスクではなく、布マスクやガーゼタイプのマスクを使用することで改善されます。
また、マスクの効果はその種類よりも肌に密着していることが重要です。
そもそも毛羽立ちが気になってマスクの付け方が甘くなるようであれば全く意味がありません。
また、マスクの素材が肌に合っていない可能性も考えられます。
実際に不織布マスクの種類を変えるだけで毛羽立ちが気にならなくなったという方もいらっしゃいます。

*マスクの洗い方について

次に、マスクの洗い方に注意しましょう。
不織布マスクは特に繊細な扱いが必要で、乱雑に扱ってしまうと構造がすぐに崩れてしまいます。
マスクの洗い方としては、中性洗剤を利用してつけ置きしておくか、優しく押し洗いするようにしてください。
また、布マスクを洗う場合も乾燥機は絶対に使用しないようにしてください。

*インナーマスクをする

「どうしても毛羽立ちが気になって仕方がない。」や「いますぐに対処したい。」という方には、インナーマスクの使用がおすすめです。
インナーマスクとは、マスクと肌の間に挟み込むガーゼなどの布のことを言います。
ガーゼならばコンビニやスーパーで購入できますしすぐに毛羽立ちに対応できます。

□まとめ

これまで、不織布マスクの毛羽立ちについて解説してきました。
毛羽立ちでお困りの方は本記事で紹介したような対処方法を試してみてください。

日付:2020年06月30日 カテゴリー:

PAGE TOP 

COPYRIGHT © オリジナルTシャツプリント作成ならプリンターズ大阪 by MIYAPRINT ALL RIGHTS RESERVED.