大阪Tシャツプリント作成

 

●ジャケット・ブルゾンが得意! ●高品質で豊富なプリント技術! ●信頼の40年の経験と実績!

豆知識ブログ

大阪でオリジナルTシャツを作るつもりの方へ、用途に合わせて生地を選ぼう!

オリジナルTシャツを作るうえで、生地選びは重要な工程の1つです。
しかし、生地の種類が非常に豊富なのでどれを選べばいいのかわからない人もいらっしゃると思います。
そこで今回は、生地の違いを挙げていきたいと思います。
その後、用途に合わせたおすすめのTシャツを紹介します。

□オールシーズンつかえる「綿」

インナーやタオルなど幅広く使われている「綿」。
そんな天然素材の「綿」の特徴は以下の通りです。

*高い吸水性

綿は生地の内側の水分を吸い取って、外部に放出してくれます。
この吸水性によって、涼しく感じられます。
また、冬場では内部の熱を溜めるので、高い保温性を発揮します。
吸水性が高いゆえに、Tシャツにシワができてしまったり、縮んでしまったりすることがあります。

*染まりやすい

アルカリに強いため、染色がしやすい素材になっています。
そのため、カラーバリエーションが豊富です。
デメリットとしては、汗をかいたときに白のTシャツなどは、黄ばみやすくなります。
その場合は、漂白するときれいになる場合が多いのでおすすめします。

□スポーツから普段着まで「ポリエステル」

「ポリエステル」はワイシャツをはじめとして世界中で使われています。
そんな合成繊維の「ポリエステル」の特徴は以下の通りです。

*高い耐久性

合成繊維のため、摩耗に強く型崩れしにくくなっています。
シワになりにくく、日光にも強いのです。
非常に丈夫ながら、光沢感があるので、普段使いもしやすい生地です。

*吸湿性が低い

水分を吸収する性質が低いので、高い速乾性を持っています。
デメリットとしては、染色しにくく、色落ちがしやすいことが挙げられます。
また、静電気が発生し、毛玉ができやすい素材です。

□Tシャツの生地おすすめ5選!

多くの衣服で使われている生地の素材について説明してきました。
素材の違いが少しずつわかってきたのではないでしょうか。
次にオリジナルTシャツの中で生地を選ぶならこれだというものを集めました。
ぜひ参考にしてみてください。

*ロングセラー商品「プレミアムTシャツ」

生地が厚手でタフ、高品質のため型くずれしにくくなっています。
特に首まわりは特に頑丈にできています。
そのため何度洗濯してもヨレヨレになりにくいのです。
綿100%
ミックスグレー:綿90%、ポリエステル10%
アッシュ:綿98%、ポリエステル2%
無地価格 960円~

*コスパと素材にこだわった「ハイクオリティーTシャツ」

程よい厚みの生地で一番人気の商品になっております。
52色17サイズの幅広く展開しています。
ダブルステッチにより、伸びにくくなっています。
綿 100%
アッシュ、ミックスグレー:綿90%、ポリエステル10%、
無地価格 540円~

*安さ重視なら「プロモーションTシャツ」

綿100%ながら、非常に低価格。
軽やかな4.0オンス(113g)のライトTシャツです。
低予算のときはおすすめです。
綿 100%
ミックスグレー:綿90%、レーヨン10%
無地価格 450円~

*肌に優しい「オーガニックTシャツ」

肌にやさしいオーガニック素材を使用しています。
オーガニックコットンは農薬や化学肥料を使わず育て、仕上がりまで化学処理しません。
そのため、環境にもやさしい素材なのです。
綿100% オーガニックコットン使用
無地価格 600円~

*吸水速乾「ドライアスレチックTシャツ」

ドライとUVカット機能も付いています。
お手頃価格に抑えつつも、紫外線カットと速乾性を兼ね備えた高性能Tシャツです。
ランニングなどの軽い運動から、スポーツやジムでアクティブに動くときにもおすすめです。
ポリエステル100%
無地価格 420円~

□まとめ

今回は、素材の特徴とおすすめのオリジナルTシャツをいくつかご紹介しました。
生地それぞれで特色があるのが、理解できたのではないでしょうか。
自分が使うシーンに合わせて、生地選びをしていただけたらと思います。
当社では自社直営工場を併設しているため、注文を受けてから下請け工場に依頼する必要がないので、迅速に対応できます。
また、老舗のオリジナル T シャツ業者で高い技術を持っているため 印刷業者に安心感を求める方は、プリンターズを選んで失敗することは無いと言えるでしょう。

日付:2019年10月20日 カテゴリー:

大阪でオリジナルTシャツを作りたい方のために、印刷方法の選び方をご紹介!

「印刷の仕方が多くてどれを選べばいいのか良いのかわからない。」
このように思っている方は多いのではないでしょうか。
そのような方のために、Tシャツを印刷の仕方について、ポイントを挙げながら紹介していきます。

□大量生産には「シルクスクリーン」

Tシャツとの相性が良い、最もメジャーな印刷の仕方です。
一色ごとに型を作り、その型の上に直接インクを乗せます。
現在、市販のTシャツのほとんどに使われています。
大量生産ができるので、クラスTシャツやチームウェアにおすすめです。

*「シルクスクリーン」のポイント

・色褪せが起こりにくく、耐久性が高くなっています。
・インクを布地の上に乗せるので、発色が鮮やかになります。
・金や銀、蛍光色など多種多様な色が使えます。
・型を使うため、大量に作るほど、シャツ一枚の単価が安上がりになります。
・シルクスクリーンは、枚数が少ないと一枚当たりの単価が高くなります。
・1色ごとに型が1枚必要になるため、色数を抑えると安く済ませられます。

□手触りが良い「インクジェット」

Tシャツの生地にインクを吹きかける印刷の仕方です。
型がいらないので、写真などのシルクスクリーンでは難しい色鮮やかなものにおすすめします。
他のプリントよりも着心地がよく滑らかな手触りになります。
グラデーションを綺麗に出したいときは、淡い色のTシャツに、色が褪せたような質感を出したいときは、濃い色のTシャツにプリントするのがおすすめです。

*「インクジェット」のポイント

・インクを吹き付けるので、デザインの部分の肌触りが良いです。
・フルカラーに対応できるので、写真やカラフルなデザインを再現できます。
・生地にインクを吹きかけるため、デザインがTシャツの生地色の影響を受けます。
・画像データの解像度が低いと、荒れてしまいます。

□色彩が鮮やかな「転写シート」

デザインを転写したシートを、糊処理して圧着させる印刷の仕方です。
フルカラーデザインにおすすめです。

*「転写シート」のポイント

・色彩の制限がないので、何色でも値段はそのままです。
・柄に合わせた縁取りができるので、思い通りのデザインを実現できます。
・直接シートを圧着させるので、通気性が悪くなる可能性があります。

□別々のデザインは「カッティングシート」

着色されたカラフルなシートを、図案の形に切り抜いて転写します。
型がいらないので、1枚1枚に違う名前や番号を入れられます。
ユニフォームの背番号などはカッティングシートが使われています。

*「カッティングシート」のポイント

・型がいらないので、別々のデザインを入れられます。
・シートを切り出すことで、縁がつきません。
・切り出して使うので、シートは単色のみとなっています。

□インクもいろいろ

基本プリントは、水性のラバーインクと染み込み顔料インクがあります。
ラバーインクは生地の上にしっかり乗るタイプです。
そのため、Tシャツの生地が淡色、濃色のどちらでも発色の良いプリントができます。
一方で、染み込みインクはプリントが薄いので、生地自体に染み込んだような仕上がりになります。
着ていると次第に生地にインクがなじむので、古着のヴィンテージ感を出せます。
その他、追加料金がかかるものの、蛍光プリントやラインストーン、グラデーションなど自分好みにプリントできます。

□まとめ

今回は、オリジナルTシャツの印刷方法について紹介しました。
それぞれ違った特色があるので、枚数や、デザインのイメージに合わせて使い分けてみてください。
ますますオリジナルTシャツを作りたくなった方は、まずは当社にご相談ください!
当社では自社直営工場を併設しているため、注文を受けてから下請け工場に依頼する必要がないので、迅速に対応できます。
また、老舗のオリジナル T シャツ業者で高い技術を持っているため 印刷業者に安心感を求める方は、プリンターズを選んで失敗することは無いと言えるでしょう。

日付:2019年10月16日 カテゴリー:

大阪でオリジナルTシャツを作りたい方必見!はじめてのデザイン作成をご紹介。

デザイン入稿は、どんなTシャツに仕上げるかが決まる、1番大事なポイントですよね。
今回は、初めての方のために、手書きで原稿を作成する方法やイメージ画像を使用する方法を紹介します。
入稿の際のいくつかのポイントを押さえて、イメージ通りのTシャツを作りましょう!

□手書きで原稿を作成する方法

デザイン作成は一般的にはPC作業ですが、手書きでも入稿可能です。
手書きのデザイン案をメールやFAX、郵便で入稿できます。
「パソコンのソフトでデザインを描くのは難しい。」
このように思っている方には、手書きでの入稿をおすすめします!

デザインがラフスケッチや手書きの場合は、業者による修正が入ります。
プロのデザイナーが手書きデザインに沿って、ある程度形を整えてくれます。
その後デザイナーがデータ化までしてくれるので、そのままTシャツにプリントできるようになります。
ただし、修正箇所を元のデザインと比べて、納得できなければ、また修正依頼しなければなりません。
工程が増えるため、追加でお金がかかることがありますし、納期が遅れてしまいます。
ある程度、全体のレイアウトや文字の配置を考えて図案に起こしましょう。
提出した際の修正を減らすためには、業者とのやり取りが大切になってきます。
デザインを正確に伝えるためのポイントがいくつかあるので紹介します。

・プリントサイズよりも大きなサイズに書く。
・枠線や罫線がないA4用紙に太めの黒ペン(1㎜以上)で書く。
・プリントカラーを指定する。
・プリントの塗りつぶすところは、しっかりとペンで塗りつぶしておく。
・デザインの中に文字が入る場合は、文字内容をメール本文などに別途記入する。
・手書きの印象を残すのか、線を綺麗に修正するのかなど、業者に丁寧な説明をする。

プリントカラーについては、使う色の数が多いと値段が高くなる可能性があります。
型を使うプリント方法だと1色ごとに型が1枚必要になるので、安く済ませたい場合には、色数を抑えると良いでしょう。
ポイントを押さえることで、デザインが伝わりやすくなり、イメージ通りのオリジナルTシャツが出来上がります。

□イメージ画像を使用する方法

スマホで撮った思い出の写真や、インターネット上にあった素敵なフォントの文字をオリジナルTシャツに使いたいときは、いくつか注意点があります。

*高い解像度の画像データを使おう

スマホで撮った写真や、インターネット上の画像データは画質が粗い場合が多いのでご注意ください。
解像度が低いと画像がぼやけているように見えてしまいます。
300dpi以上の解像度を持つ写真を推奨しています。

*カラーをYMCK形式にしよう

スマホで撮った写真やインターネット上の画像データは一般的にRGB形式となっています。
印刷をするためにはYMCK形式に変えなければなりません。
変換作業にはパソコンのソフトが必要になります。
YMCK形式に変換すると、くすんだ色合いになるので気を付けましょう。

イメージ画像を使う際に、解像度やカラーモードなど注意しなければならないことがあります。
文字データは比較的イメージ通りに使えることが多い一方で、自分で写真をプリントすると、仕上がりのイメージと違うことが多くあります。
写真のプリントは出来上がりに直接影響を及ぼしますので、写真を使いたい場合は、まず当社にご相談ください。

□まとめ

手書きでデザインを作成する方法とポイントと、イメージ画像を使用する方法と注意点を紹介しました。
初めての方や、パソコンソフトを持っていない方でも、安心してデザインが作成できるようになったのではないでしょうか。
オリジナルTシャツを作る際に、ぜひ参考にしてみてください。
当社では自社直営工場を併設しているため、注文を受けてから下請け工場に依頼する必要がないので、迅速に対応できます。
また、老舗のオリジナル T シャツ業者で高い技術を持っているため 印刷業者に安心感を求める方は、プリンターズを選んで失敗することは無いと言えるでしょう。

日付:2019年10月10日 カテゴリー:

大阪でオリジナルTシャツを作りたい人のために、気を付けるべき著作権について解説します。

オリジナルTシャツのデザインを1から考えるのは難しいですよね。
既存のデザインを参考にしようと思っている方も多いのではないでしょうか。
しかし、デザインを参考にするときには「著作権」に最も注意しなければいけません。
そこで、今回はどのような場合が、著作権の侵害に当てはまるのかを説明します。

□ものを守る「著作権」

著作権は著作者の利益を守るために制定された法律です。
まずは、著作権について少し説明します。

*著作権侵害の罰則

著作物を著作者からの了承を得ないで利用した場合は著作権侵害に当てはまります。
もし著作者に訴えられたときは、損害賠償を支払わなければなりません。
また、無断で著作物を改変したり、頒布のために著作物を持ったりしている場合も権利を侵害していることになります。
もし侵害が認められれば、10年以下の懲役又は1000万以下の罰金が科せられます。

*著作権侵害の発生件数

警察庁の調べによると、平成28年時、全国で594件の知的財産権侵害があり、そのなかでも著作権侵害は238件も発生しています。
発生件数は近年増加傾向にあります。
知的財産権には、著作権のほか、商標権や意匠権なども含まれています。

*著作権の時効は70年

著作権の原則保護期間は、死後または、公表後70年間とされています。
もしも著作権が消滅していれば、著作者の許諾なしに使えます。
この保護期間は国によっても違う場合があります。
また、企業のロゴマークの多くは「著作権」ではなく、「商標権」によって守られており、更新することで半永久的に権利が発生します。
商標権については、文字、図形、記号、立体的形状やこれらを組み合わせたものなども含まれます。
そのため、ブランドロゴを使う際は注意が必要です。

□人を守る「肖像権」

著作権は作成した「もの」に発生する一方で、肖像権は「人」に対して発生します。
個人の顔や姿には経済的価値があるとされ、肖像権によって守られています。
オリジナルTシャツを作るときは、著作権だけではなく、肖像権にも気をつけなければいけません。

*肖像権の侵害になるケース

肖像権の侵害となる場合は以下の通りです。
1,国内外のアイドルや俳優をはじめとする有名人の写真
2.有名ブランドのロゴ(スポーツ、音楽アーティストなど)
3.各種ブランドのキャラクター
4.漫画やアニメのキャラクター
アイドルやスポーツ選手などの有名人の写真を勝手にTシャツに使うこともいけません。
漫画やアニメのパロディやオマージュも、キャラクターのイメージダウンにつながるため禁止となっています。

□オリジナルTシャツを安全に作るには?

著作権侵害となってしまう事例をいくつか説明しました。
著作権は少し難しいと感じた方もいると思います。
そこで、これからは不正とならないTシャツの作り方をご紹介します。

*製作者自身が著作権を持っているもの

当然ですが、著作者が自分の場合は自由に作ることができます。
しかし、商標登録を示すRマークを無登録で使うと虚偽表示になるので注意してください。

*著作権者から、利用許諾を受けているもの

利用の目的や方法を明確にすることで、著作者から著作物の利用が下りたときは合法です。
ただし、漫画のキャラクターなど知名度があるものは無償で使えることが少なく、高い利用料金が発生することもあります。
また、著作者が業務上制作したものは、会社が著作権を持つことになります。
そのため、事前に著作権者が誰なのか調べることをおすすめします。

*自分で利用するために製作したもの

実は、自分で作って自分で使う分には著作権の侵害にはなりません。
家庭などの限られた場所で利用する場合は、利用する本人が著作物をコピーできるという規定があるからです。
原則として、私的利用のみなので、友達にあげたり、売ったりすることで法律違反になります。

□まとめ

今回は、著作権について深く掘り下げて説明しました。
これらの知識を身につけて、安全にオリジナルTシャツのデザインづくりをしてください。
オリジナルTシャツのデザインについて著作権などでご心配なことがございましたら、まずは当社へご連絡ください。
当社では自社直営工場を併設しているため、注文を受けてから下請け工場に依頼する必要がないので、迅速に対応できます。
また、老舗のオリジナル T シャツ業者で高い技術を持っているため、印刷業者に安心感を求める方は、プリンターズを選んで失敗することは無いと言えるでしょう。

日付:2019年10月04日 カテゴリー:

大阪でオリジナルTシャツを作りたい?注文の方法と流れをご紹介!

「自分でデザインしたTシャツが欲しいけど、注文の仕方がわからない。」
「イベントでTシャツを作成することが決まったけど、まず何をすればいいの?」
このように、オリジナルTシャツを作りたくても、どのように注文すればいいのかわからない方も多いのではないでしょうか。
そこで、今回は電話やメールなどで注文する手段や、注文から納品までの流れをご説明します。

□どうやって注文するの?

平日9時から18時まではお電話でのお問い合わせも受け付けております。
また、Webページ内のお問い合わせフォームから気軽に相談できます。
ご注文の商品が決まっていれば、商品ページから、すぐに注文できますのでご利用ください。
ちなみに、Webページにある来店予約フォームにてご予約いただくと、実際の店舗での打ち合わせが可能になります。
メールや電話では心配な方は、ご来店をおすすめします。

□オリジナルTシャツの納品までの流れ

納品までの流れはいくつかのステップに分かれます。

*Tシャツを選ぶ

まずは、プリント下地となるTシャツを選びます。
カラーや素材など、自分に合ったものを探します。
Tシャツだけでも50種類以上のラインナップがあります。
その中でも定番の「ハイクオリティーTシャツ」は、なんと52色のカラーがあります。
サイズも17種類あるので、自分にぴったりのTシャツがきっと見つかるでしょう。

*デザインを描く

Tシャツを決めたら、次はお客様にデザインを描いていただきます。
その後業者が手書きやデータ化されたデザインを受け取ります。
デザイン画を元にして、Tシャツ用のデザインを作っていきます。
修正が必要な場合がありますが、お客様とのやり取りを通じて、しっかりと納得していただけるデザインを完成させます。
手描きのデザインは当社が無料でデータ化します。

*印刷方法を決める

次にプリントカラーやプリント方法を決めましょう。
多くのカラーやプリント方法があるので、完成イメージに合わせて印刷方法も変えてみてください。
プリント方法は「シルクスクリーン」を通常おすすめしています。
なぜなら、色褪せが起こりにくく定番で、インクカラーも豊富だからです。
他にもいろいろありますので、完成イメージにふさわしいプリント方法を選んでください。
ラメプリントや蛍光プリントなどをはじめとする特殊プリントは、500円ほど追加料金を頂いております。
完成したデザインのクオリティも格段に上がるのでおすすめです。

*見積り金額を出す

Tシャツとデザインが決まったら、プリントサイズや配置を決めましょう。
その後、見積り金額を出してみましょう。
印刷方法、カラーなどで追加料金がどれくらい掛かるのかがわかります。
また、スタッフによるおまかせでの見積りも行っております。

*デザインの最終確認

注文を受けて、業者がデザイン画を元に、オリジナルTシャツの印刷用デザインを製作します。
お客様に了承を受けたら、プリント作業に入ります。
お客様の確認が終わりますと、基本的にはサイズの交換などの返品には対応できませんのでご注意ください。
サイズに関しては、商品ページの着丈と身幅を入念にご確認ください。
サイズが合うかどうか心配な方のために、サンプルの貸出も行っています。

*発送

プリントが終わったら、オリジナルTシャツが完成です。
出来上がり次第ご連絡後、宅配便にて商品を送らせていただきます。
通常納期はご注文から7~10日営業日になります。
特殊プリントはおよそ14営業日ほどかかります。
送料については、各都道府県で異なりますが、送料、手数料を除いて3万円以上お買い上げの場合、送料が無料になります。
そのため、100枚単位の大量注文をおすすめします。

□まとめ

今回は電話やメールなどで注文する手段や、注文の流れについてご紹介しました。
Webページのフォームから送れるので、簡単にオリジナルTシャツの注文ができますよ。
納品までの流れを押さえて、余裕を持ってご注文することをおすすめします。
当社では自社直営工場を併設しているため、注文を受けてから下請け工場に依頼する必要がないので、迅速に対応できます。
また、老舗のオリジナル T シャツ業者で高い技術を持っているため、印刷業者に安心感を求める方は、プリンターズを選んで失敗することは無いと言えるでしょう。

日付:2019年09月30日 カテゴリー:

PAGE TOP 

COPYRIGHT © PRINTERS by MIYAPRINT ALL RIGHTS RESERVED.